東京JAK概要

JAKポップバナー

東京JAKとは・・?

JAKは、写真を撮る情熱(J)、写真を愛する気持(A)、写真による感動(K)、撮影者の自由な感性・発想・創造性を尊重した写真作品を創作するため、山崎友也先生の厳しくも優しさにあふれた指導の下、
感性を磨き・撮影技術の向上を図り、楽しい撮影活動を行います。

活動拠点

東京都及び東京近郊

撮影ジャンル

撮影ジャンルは特に設けず、幅広い被写体を対象にスナップ撮影を基本とした撮影活動を行います。
指導講師は山崎友也先生ですが、鉄道写真を主体とした(鉄道スナップを含む)活動は行いません。

例会開催日程

2カ月毎に日曜日を基本に開催します。

活動内容

例会は、指導講師による作品の講評・指導を中心に実施します。
 撮影会は、上期、下期に各1回、関東中心・日帰りを基本に実施します。
2年に1回程度の写真展の開催を目指しています。

写真展

2016年 第1回写真展「35mmで切り取った東京の情景」 
      写真展用Facebookページ

指導講師

山崎友也先生 (鉄道写真家・EOS学園東京校講師)

設立年

2014年6月